薬剤師の転職事情

もし転職を考えた場合、薬剤師も今までと同じような売り手市場というわけにはいかないという状況があるので注意が必要にあります。調剤薬局で働いている人は女性が多く、結婚や出産で離職した人が再就職を考えたとき、既に正社員での雇用は無く、パートやアルバイトの求人に応募することも多いようなのです。この薬剤師の転職に対して不安な点と言ったら、今後は新卒者の増加もあって、転職を繰り返してきた人は不利になるかもしれないというところです。調剤薬局での業務は覚えることが多くなることや、忙しいということもあるため、出来る限り長く働いてくれるという人を探している職場が多いのです。ですから、今までの薬剤師の転職などは売り手市場というわけではなく、転職や就職を繰り返してきている人は、不利になるということになるわけです。ちなみに、だからといって仕事が見つからないというわけではなく、あくまでも不利になる可能性があるというだけの話です。転職を考えているのならば、素直に大手のコンサルティングの会社に登録をして探すというのがいいでしょう。一人ではどうしても難しいところがあるとしても、必ず転職に対して強い味方になってくれることでしょう。

Copyright (C) 2007-2014 薬剤師の転職事情 All Rights Reserved.